「不安がある中で」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「不安がある中で」


何かを続けていこうとするときに

「本当に続けられるだろうか?」

という不安がつきまとうことってあると思います。

不安がある中で続けていこうとするときに、2つの方法があります。

1つは、不安を見ないようにして気合いで突っ走る方法。

2つ目は、不安を受け入れながら走り続ける方法。

どちらが正しいというわけではなく、ケースバイケースだと思うのですが、

「より息長く続けたい」

というのであれば「不安を受け入れながら走り続ける方法」の方が
長続きするのではないかと考えております。

不安を見ないようにして突っ走ってしまうと、無意識のうちに
どこかで反動が出て「ブレーキ」がかかってしまいます。

せっかくのチャンスが目の前に転がっていても、

「これを取ると、もっと怖いことになる。」

と、無意識に避けてしまうことも増えるでしょう。

いちいち不安を受け入れながら続けるのは、少しまどろっこしい感じも
しますが、やってみると「地に足がつく」感覚が生まれます。

不安を受け入れる方法は、2つありまして、

1.まず書いてみる

2.それを誰かに話してみる

・・・たったこれだけであります。

自分のアタマの中にずっと放置しておくのは「受け入れる」ことになりません。

まず不安の原因を書き出すだけで、ずいぶんと不安「感」が減ります。

さらにそれを誰かに聞いてもらうだけで、さらに不安「感」が激減します。

ここまでやると、今まで「不安」だと思っていたことが、

どうでもいい「杞憂(きゆう)」だったことに気付いたり、

取り組むべき「課題」に変化していきます。

そうやって、一つ一つの小さな不安やら、大きな不安を受け入れつつ
日々続けていくことで、地に足付けて力強く前進できるわけです。

私自身も、不安なことがあれば、とにかくすぐにテキストや
マインドマップで書き出すようにしていますし、

状況が許すなら、誰かにそれを話すようにしています。

これをお読みのみなさんの中にも、大なり小なりの不安を抱えて
おられる方もおられると思います。

もしそうなら、一度書き出してみて、

聞いてくれる人がいるならば、ボソッと話してみませんか?

今日も力強く、地に足付けて前に進んでいきましょう!



倉橋竜哉(アイネスト株式会社 代表取締役)




posted by bw-j at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「笑顔というものは」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「笑顔というものは」


心の法則として、「好きな人は笑顔で思い浮かべる」と同時に
「笑顔の人を好きになる」という意識を持つということです。

あなたが他人の心の中で笑顔でいたら
相手から好かれていることの証でしょう。

笑顔というものは、
私たちが考えている以上に人間関係を作っていく上で重要なことです。

つまり笑顔の人は相手に対して安らぎや勇気を与え、
暗い顔の人は人からやる気や心地よさを奪ってしまうのです。

これは本人が意識するとしないとにかかわらずです。



出典:新・陽転思考─前向きに生きるための77の知恵─(小田全宏著)より




posted by bw-j at 11:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「自分らしく生きる」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「自分らしく生きる」


テレビのCMや、雑誌の広告などに

「自分らしく生きる」とか「私らしさ」

という言葉を見かけることがよくあります。

自分らしさって、どうやったら見つかるのでしょうか?

「どうでもいいこと」「どっちでもいいこと」

ってありますよね。

あまり気乗りはしないけど「やらないといけないこと」が目の前にあるときに

とりあえず

「どうでもいい」

と、つぶやいてみるそうです。

つぶやいてみても、どうにもならないことは、やるしかありません(笑)。

でも、そうつぶやいてみると、実はどうでもいいことだったことに気付いて
たまに、やめてしまうこともあるそうです。

「いい人に見られたい」という想いに縛られて、やらないといけないって
思い込んでいたことに気付かされるわけです。

「やることを一旦「どうでもいい」と突き放してみることで、
 一息置いて、冷静に見られるようになった。
 おかげで最近『自分らしさ』というものが見えてきた気がする。」

と言っておりました。

よく「自分らしさ」「私らしさ」ってどうやったら見つかりますか?という
質問をいただきます。

それを探す方法はいろいろありますが、その一つがこの

「どうでもいい」とつぶやいてみる

ことじゃないかな、なんて思いました。

「やらないといけない」と思い込んでいることに追いかけられるのではなく、

「どうでもいい」と一旦突き放して、一息置いてみる。

それでも、どうでもよくなければ、やればいいですし、

「あ、どうでもよかったんだ!」と気付けば受け流せばいいのです。

よかったら試してみてください。



倉橋竜哉(アイネスト株式会社 代表取締役)




posted by bw-j at 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「忙しいという感覚に苛まれて」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「忙しいという感覚に苛まれて」


もしあなたが今、本当に「忙しい」という感覚に苛(さいな)まれているとしたら、
忙しさの正体とは何か、じっくりと見つめてみなければならないでしょう。

どんなに外面的にいろいろな仕事が立て込んでいても、
それをやすやすとこなしている人にとっては、
別に心が亡んでいるわけではありません。

忙しいという状態をもう少し心理学的に分析すれば、

「ひとつのことを行なっている時に、
 別のしなければならないことが複数、
 頭の中を交錯している状態」であるといえます。

たとえば、あなたが企画書を書いている最中に、
お客様からのクレーム処理で電話をかけなければならないことが
頭の中に漂っていて焦っていたり、

あるいは、次にしなければならないことが気になって、
今していることに集中できなかったりという状態です。

つまり忙しいということは、何かをしている時に、
別のことに心がとらわれている状態を指すのであるのなら、

今していることに集中することができれば、
それだけで忙しさは一気に消えてしまうのです。



出典:新・陽転思考─前向きに生きるための77の知恵─(小田全宏著)より




posted by bw-j at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「相手を通じて自分を敬うということ」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「相手を通じて自分を敬うということ」


挨拶や感謝、敬意などを表すために、相手に向かって一礼することを
お辞儀(おじぎ)といいます。

軽い挨拶代わりのお辞儀もあれば、

腰を曲げて深々とするお辞儀もあります。

生活のどんな場面でお辞儀をしていますか?

お辞儀をするのは「相手に対して敬意を払う・・・」という
意味だけではありません。

お辞儀は、まず「自分のためにする」ものなのです。

仏典の中には、お辞儀についてこんな言葉があります。

「吾を以て汝を敬し、汝を以て吾を敬す」

目の前の相手を敬うということは、
相手を通じて自分を敬うということだ。

という意味であります。

つまり、必要な場面でろくにお辞儀もしないということは、

相手だけでなく、自分を軽んじているということであります。

これを読んだ後に、誰かに朝・昼・晩の挨拶をされる方も多いと思います。

相手に敬意を伝えると共に、ぜひ自分を大切にする想いも込めて

「おはようございます!・こんにちは!・こんばんは!」

と元気よく挨拶されてみてはいかがでしょうか?



倉橋竜哉(アイネスト株式会社 代表取締役)




posted by bw-j at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「物の中に心を込める」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「物の中に心を込める」


よく私たちは「物から心へ」という言い方をしますが、
「物の中に心を込める」というのが本当ではないでしょうか。

大量生産大量消費ではなく、
もし同じ効用を得られるのでしたら、

喜びの心と共に、長く大切に使う精神さえあれば、
決して人間は貧しくもならず、むしろ心豊かに生きられるはずです。

そして理想を言えば、
エネルギーもその地域社会や個々人の中で生み出し、
それを利用するという社会構造にすることです。



出典:地球を守るために
いまあなたができること
しなければならないこと(小田全宏著)より




posted by bw-j at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「夢に挑戦」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「夢に挑戦」


自信を持っていいます
「あなたの夢は叶う」!!

ただ、私は無責任に
あなたの夢は叶う
と言っているわけではありません。

夢を叶えるためのいくつかの前提があります。

その一つ目は
あなたにとって「夢」を実現することが
人生の優先順位の一番上にあるか??

そして、
「夢」が一瞬のものではなく、
何年も、あるいは何十年も、
達成するまで目指し続ける熱意があるか??

ということです。

もしあなたが取り組んできた夢や目標がそのようなものなら、
「あなたの夢は叶います」。

それとあと一つ前提があります。

それは、

「叶うかどうかわからない夢も挑戦し続けること。」

そうすることで、
夢実現力・人間力が磨かれていくのです。

そして仮にその時、描いた夢が
あなたの期待する形で叶わなくても

あなたの夢実現力・人間力に相応しい夢が
またやがて現れてきます。

次のステキな夢に導かれていきます。
そしてその時にこそ、夢に挑戦し続けることで磨かれた夢実現力・人間力がその真価を発揮するのです。

夢はあなたのより素晴らしい才能や真価を発揮するためにも用意されているのです。

夢に挑戦し続けましょう。そうすればあなたの夢は叶います。



望月俊孝(ヴォルテックス有限会社 代表取締役)




posted by bw-j at 09:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「周りの状況に」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「周りの状況に」


私たちは周りの状況に左右されやすい体質を持っています。

好況のときはいいけれど、
不況になったらどうしようと心配ばかりします。

不況が来たら自分はどうしたらいいものか
分からないと思っているところには、

<自分>はありません。

周囲の状況がどのように変わろうとも、
自分自身の行うことはまったく変わらないということは、

まさしくそこに<自分>がいるということです。

自分がいて、そして自分にされる対象の仕事があるという図式ではなく、
自分と仕事が一体となっている図式です。

すると仮に不況になっても、

その状況に自分と仕事が一体となって
ベストを尽くすという姿が現れてきます。



出典:コスミック・マネジメント(小田全宏著)より




posted by bw-j at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「こだわりを」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「こだわりを」


「こだわる」という言葉があります。

本来は「些細なことに気をとられてしまう」という、
どちらかというとネガティブな意味でありますが、

最近では「ここだけは譲れない」という細部への追求を表す
良い意味で使われることが多いですよね。


仕事でこだわりはありますか?

そのこだわりは周りの人に伝えていますか?

仕事をする上で「こだわり」ってありますよね。

これをお読みのあなたの周りにも、「こだわり」を持って
お仕事をされている方がおられるのではないでしょうか。

以前からずっと仕事でおつきあいがあるのに、
飲みに行ったときにふと漏らしたひと言で

「そんなスゴイこだわり持ってたんですか!知りませんでした。」

なんて初めて気付くことも少なくありません。

仕事をする上で、こだわりを持つことは、大切でしょう。

中には「それお客様にとってマイナスだろ!」とツッコミたくなる
こだわりもありますが、それはおいといて・・・

こだわりは、他社との差別化にもなりますし、
クチコミの起爆剤にもなります。

しかしながら、せっかくの「こだわり」をきちんと
お客様に伝えていない人が多いように思います。

「こだわりを伝えないことが美学だから。伝えると野暮になるから。」

「お客様に自分のこだわりを押しつけるのはどうかと思う。」

「いずれわかってくれればいい・・・」

「男の美学」ならそれでも良いかもしれませんが(笑)、
ビジネスではまず伝えないと分かってもらえません。

無言で相手に理解を期待することは、
自分を失望に追い込むのと同じであります。

東京ミッドタウンのように知名度があり、ガイドツアーを実施できるなら
「知る人ぞ知る」でもいいでしょう。

でも、それほど恵まれた環境でビジネスを出来る会社が
果たしてどれぐらいあるでしょうか。

普段、どんなこだわりを持って仕事をしていますか?

まずは、自分が仕事にかける「こだわり」を洗い出して
言葉にしてみてはいかがでしょう。

そしてそれを「伝える」ことをしてみませんか。



倉橋竜哉(アイネスト株式会社 代表取締役)




posted by bw-j at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「怒りの元というのは」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「怒りの元というのは」


人間関係の中において、
相手が怒っているという場合、

その時は、「あ、この人は何らかの形で悲しいんだ。傷つけられているんだ」
ということをちゃんと受け止めてあげると、

相手の怒りがおさまるということは、
ままあることで効果的だと思います。

怒りの元というのは、悲しさなんです。

その人が何らかの形で自己愛が傷つけられたんです。
それ故に怒っているんです。

ですから、相手が怒っている話をよく聞く。

そうすると相手はそのことによって、
自分の中にある悲しさが修復されることが起こりうるのです。



出典:EQ通信講座「心の安定性を高める」(小田全宏)より




posted by bw-j at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Powered by Seesaa

prezented by
【BELL WOOD】
ベルウッド・ジャパン

XPS 13_468x60