「善をなす」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「善をなす」


人が喜ぶことを行うと、その人の徳が積まれていくことになります。

これを意識的に行いますと、
不思議にもその善のめぐりがよくなっていく事になります。

目の前にいる人がどうしたら喜ぶかと考えていると、
できることがいろいろあることに気がつきます。

大切なことは、たとえそれが偽善であることをうっすらと感じていても、
あるいは、多少自己犠牲を払うことに心のわだかまりを感じていても、

やはり、それでも「善をなす」ということは
尊いことだということです。



出典:新・陽転思考─前向きに生きるための77の知恵─(小田全宏著)より




posted by bw-j at 09:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「今求められている仕事を」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「今求められている仕事を」


ビジネスパーソンの類型として、最も知られている分け
方に「ゼネラリスト」と「スペシャリスト」があります。

「これからはスペシャリストの時代だ」
「変化の速い時代には、ゼネラリストこそ重要」

などといった論考を読んだことがある人も多いでしょう。

これらのうちどちらを選ぶかということは、自分の生き
方の問題であり、どちらがよいといったものではありません。

そして、ゼネラリストとスペシャリストを、無理に2つ
に分ける必要もないのではないか、とも思います。

自分の働き方を考える際に重要なことは、社会の中でどの
ように役に立つか、ということです。社会に需要がなけれ
ば、そもそも職業として成り立ちません。
 
人によって、ゼネラリストタイプ、スペシャリストタイプ
という適性は確かにあるでしょう。しかし、適性は自分で
測れるものではなく、人に認められることで事後的にわか
ると言うことのほうが多いものです。

たとえば、スペシャリストになる人には2つのパターンが
あります。一つは強い想いを持って、何かの分野に集中し、
スペシャリストとして認められていくパターン。

もう一つは、自分に求められることをやり続けているう
ちに、いつの間にかその分野のスペシャリストと目され
るようになる、というパターンです。

ゼネラリストであってもそうでしょう。人がいろいろな相
談をしてくる、まとめ役を任されるなどといった周りの状
況が自分の立場を決めていきます。

スペシャリストとして活動し、本人にもその志向があった
ものの、なぜか同僚のスペシャリスト達から頼られ、最終
的にゼネラリストとして担がれるタイプの人もいます。

いずれにしろ、働き方は人から求められることによって変
容していきます。自己評価はともかく、人から認められな
ければ道が見えてこないのです。

自分の生きるべき道は、いつも需要と適性が交わる部分にあります。

自分のことをゼネラリスト、スペシャリストと分ける前に、
今求められている仕事を高いレベルで行った上で、周囲の
状況を見渡してみることが必要なのではないでしょうか。


「世間が必要としているものと、あなたの才能が交わって
 いるところに天職がある。」(アリストテレス)



谷原誠(弁護士)




posted by bw-j at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「もっと可愛くなりなさい」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「もっと可愛くなりなさい」


ずいぶん前に、自分の祖父ぐらい年上の先輩から
こんなことを言われたことがありまして、

「商売をやっていて、

 間違いがない正しさを押しつけることが目的なのか?

 お客様から好かれて愛されることが目的なのか?

 もし、愛されることが目的ならば、もっと可愛くなりなさい。」

当時、私は30歳を過ぎていて

そんな男が「可愛くなりなさい」と言われても
正直どうすればわからなかったのですが(笑)、

今は、隙を含めて自分を愛することが、可愛く生きることなのかな?

なんて考えております。

欠点やいたらぬ所も含めて、それが自分ですからね。

中年のおっさんがこんなことを言うのもヘンな話ですが、

「もっと可愛く生きよう」

と決めてから、少しずつ周りの人間関係が
変わってきたように思います。

これをお読みのあなたにとって「かわいい」とは、
どんなことでしょう?



倉橋竜哉(アイネスト株式会社 代表取締役)




posted by bw-j at 09:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「見えないものを観る視点」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「見えないものを観る視点」

「ポジションを変えて見る」トレーニングをすることが役立ちます。

まずは「一つ上(先)のポジションで見つめてみる」ことから始めてみると
良いと思います。
実は特別なことではなく、無意識に行っているのではないかな、と思いました。

 あなたが主任だとしたら、
(一つ上のポジションの)「課長だったらどのように考えるだろうか?」
「課長のポジションを与えられたらどう考え、行動するだろうか?」

 今のあなたではなく、
(少し未来の)数年後のあなたならどのような行動をしているだろうか?
 そのために今、何を準備していこうか? 何から変えていこうか?

 あなたが営業のお仕事だとしたら、
(一つ先の)それを購入されるお客様はどのように考えるか?
 何がこの商品のメリットか? どの点が工夫して欲しいのか?
 何に困っているのか?

その次には、
2つ3つポジションを上・先にしたらどうだろうか? と考えられるようになるでしょう。

あなたがモデルとする人、目標とする人がいたら、
「モデルだったらどう答えを導き、課題を克服していくだろうか?」と。

いきなり、
「私が一国の大統領だったら、、、」
「創造主だったら、、、、」
と考えるのは難しいですが、一つ上のポジションだったら、、、、

そして少しづつポジションを上げていく、、、というところから訓練していけば、
いずれは「モデルを自分の心の中に住まわせる」こともできることでしょう。

同様に、「一つ下・前のポジションで考えてみる」ことも大事だと思います。

これはかつて経験していることだったりすることもあるので、
比較的練習しやすいかも知れませんね。

でも往々にしてかつての自分がどんなだったか、忘れてしまうものですね。

ですから「初心忘るべからず」なんてことを言い聞かせている人が多いのでしょうが、、、。

ディズニーランドのように「いつも初演」なんてことにも通じるのでしょう。

・マニアックになりすぎない
・専門的になりすぎない
・見下すような態度や姿勢にならない
・初めて触れる人たちの気持ちをおもんぱかろう
・新鮮な気持ちで見てくださっている人の気持ちを大事にしよう



望月俊孝(ヴォルテックス有限会社 代表取締役)




posted by bw-j at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「新しいことを取り組もうとするとき」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「新しいことを取り組もうとするとき」


「○○をやってみようと思うんですけど・・・でも・・・」

という方がいると、

「迷っているなら、とりあえずやってみたらどうですか?」

と私が背中を押してしまうものですから(笑)、
新しい一歩を踏み出す方が多いですね。

たとえ目の前のことが、思い通りにうまくいかなくても、
真摯に取り組んだことは、その後の人生で必ず役に立ちますから。

何か新しいことを取り組もうとするとき、

それをやるべきか、やらざるべきか、

迷うことってありますよね。

私であれば、こんな風に考えることがよくあります。

やろうか、やらないでおこうか、

もし同じことを、5年前、あるいは10年前の若い自分に
相談されたら、何と答えるだろうか?と。

未来の自分が背中を押してくれることであれば、

たとえ目の前のことが思い通りの結果にならなくても、
なにかしらプラスになっているということですから、

やってみて損はないかな・・・と。

これをお読みのあなただったら、
どうやって「やる・やらない」を判断しますか?



倉橋竜哉(アイネスト株式会社 代表取締役)




posted by bw-j at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「もう少し心を巡らせていれば」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「もう少し心を巡らせていれば」


私たちは確かに、上手くいかなかった時には、
人のせいや運のせいにしてしまいます。

でも、それを自分のせいであると断言するところに、
知恵と力が湧き出てくるのです。

物事の中には、あなたに原因があるのではなくて、
誰か他の人が悪くて上手くいかないこともあるのも事実でしょう。

あなたが何人かのチームで仕事をしていて、
誰かのミスが発生することを、

自分がもう少し心を巡らせていれば回避できたかもしれない、
と考えてみるのです。



出典:新・陽転思考─前向きに生きるための77の知恵─(小田全宏著)より




posted by bw-j at 09:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「ただ ありがたい」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「ただ ありがたい」


人間は認知脳のおかげでさまざまな外界に対応・対処できるのですが、
この意味づけにより、心に揺らぎやとらわれを生じさせてしまうのも事実です。

この意味づけから発生しているのが「文句」です。

文句がいけないことは、誰でも知っていますが、
それでもつい文句を言ってしまうのは、
この認知脳による意味づけの機能があるからです。

文句を言わなくなったら、意味づけしなくなったということですから、
人間としては終わりです。

それは行動を発展させ、
文明をつくれなくなることにすら繋がるからです。

しかし、文句は心の状態にとって、あまりいいものではありません。

文句を言っている間は、外界の状況に明らかにとらわれています。

文句を発している自分自身の心の状態には、
間違いなく揺らぎが存在します。

つまり、文句はノンフロー状態、不機嫌を心に生み出しているのです。
その文句が正論かどうかは関係なく、
文句を言っている人の心は、ノンフローに傾き、
自身のパフォーマンスも低下しているのです。

では、この文句製造機の人間が、
どうやったらその文句を減らせるのでしょうか。

文句を言う一方、人間には「感謝の力」もあります。

「文句を言いたくなる外界の状況に、あえて感謝しろ!」というような
無謀なことを言っているのではありません。

それではポジティブ・シンキングと同じでウソがあるし、
大変なエネルギーを消費します。

ライフスキル的には外界の意味づけを変えて
感謝してほしいのではなく、
「ありがたい」とただ考えることが、心をフローな状態に導きます。

感謝する対象がなくても、理由がなくても、
ただありがたいと考えてみてください。

ありがたいなぁ〜

さて今、どんな気持ち、気分になりますか。
悪い気分はしないはずです。

しかし、対象や理由のない感謝は、
ライフスキル脳が育まれていない人にとっては
慣れないことなので、難しかったり、稀有な感じかもしれません。

ただ、この感謝の思考は脳にエネルギーを生み出し、
波動を生じさせ、
心の感じ方に変化を生じさせてくれることは間違いありません。

「ただありがたい」と考えてみましょう。

文句を言いたい外界に感謝するのではなく、
対象を外れて、理由を外して、考えるのです。

このただありがたいと考えることが難しいのであれば、
今とらわれている外界とは別の対象にありがたいと考えてみることから
始めるのもいいかもしれません。

対象は何でもいいので、
なるべく理由をなくして考えてみてほしいです。

目的は、自分の心をフローにして、
自分の機能を高めること。ここにつきるのです。



辻秀一(スポーツドクター)




posted by bw-j at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「そして道が開けてくる」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「そして道が開けてくる」


もしあなたが、本当に手にしたいものがあるのなら、

「すでにそれを手に入れる準備はできている」
と思ってみてください。

そして勇気をだし、片道チケットを持って旅立ってみてください。

必ずその場で人生の宝物を発見してこられるでしょう。

私たちの心の中では、
目標に向かって進むことに対する恐れがあります。

「失敗したらどうしよう」と思います。
「準備ができたら出発しよう」と思います。

しかし、その場でじっとしていても、決して準備はできません。
一歩を踏み出した時に真の準備が始まるといえるでしょう。

頭でっかちの人は、ボールを投げる前から
どこに落ちるか考えてしまいます。

しかし、真の知恵というものは、
「行動」の中からしか出てきません。

行動の中の知恵に気がついたときに力が湧いてきます。

そして道が開けてくるのです。



出典:新・陽転思考─前向きに生きるための77の知恵─(小田全宏著)より




posted by bw-j at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「向かい風の時期」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「向かい風の時期」


先日、過去の日記を読み返して、ふと気が付いたことがありまして、

人生の中でも「飛躍したな」と思う時って、
たいてい向かい風の中を進んでいた後だな

・・・ということであります。

背中を押されるような、追い風を受けているときは、
何もかも順調で、それはそれでありがたいのですが、

本当に自分がステップアップして、見える世界が変わったなと
思う時って、いつもその前は、なかなかうまくいかない

「向かい風の時期」

だったなぁ・・・と。

うまくいかなくて、ジリジリしたり、凹んだりしながら、

オレは世界から嫌われているのかな?なんて想いながらも、

とにかく前に足を出し続けていたら、いつの間にか離陸していたなと。

振返ってみると、向かい風のおかげで離陸できたような経験が
いろいろありました。

あれが追い風だったら、スムーズに前に進めるけど、
飛躍はできなかっただろうな・・・と。

これをお読みのみなさんの中には、

「今まさに向かい風のまっただ中」

にいるという方もいるかもしれません。

風に逆らって前に進むのは、決してラクではないと思いますが、

前に向かって足を出し続ければ、やがて風をはらんで
大きく飛躍する時がやってきます。

今日もたゆまず、一歩一歩、前に進んでいきましょう!



倉橋竜哉(アイネスト株式会社 代表取締役)




posted by bw-j at 09:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「今やっていることの中に」


。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*
 癒しの言葉 元気がでる 勇気がでる やる気がでる 楽になる 言霊集
。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*・。。・*


「今やっていることの中に」


今やっていることに心を込めて、そこで最善を尽くしていきますと、
その仕事から喜びが得られます。

そして、ふと気が付いた時にそこから派生して、

あなたの本当にやりたいところまで道ができていく、
ということです。

もし、あなたが「自分はこれをしたいんだ」
「別のあのことをやりたいんだ」と心の中で思っているのであれば、

それをちゃんと取り組んでいくことをおすすめします。

しかし、「何をやっていいか分からないんだけど、
これじゃないんだよな」と思っている人がいるとすれば、

今やっていることの中に喜びを見出す心を持って、
進めて行かれることをおすすめします。



出典:EQ通信講座「心の安定性を高める」(小田全宏)より




posted by bw-j at 09:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Powered by Seesaa

prezented by
【BELL WOOD】
ベルウッド・ジャパン

XPS 13_468x60